商品紹介について

馬場中山カオル商店の事業を開始してから数年が経過し、カフェの営業などを通して魅力的な生産者さんたちと知り合う貴重な機会に恵まれました。こちらのページでは主に馬場中山にちなんだ生産者の顔が見える食材の紹介と販売を行っております。クレジットカード決済にも対応しておりますのでぜひお気軽にご利用ください。

田んぼと芳賀さん・ナナコさん・ミドリ様

わせねでねワカメ(塩蔵わかめ)160g

わせねでねワカメの出荷予定

わせねでねワカメの出荷は生産者の佐々木さんとタイミングを合わせて 毎週木曜日に発送 させていただいております。また、ご注文の受け付けは発送日の2日前(火曜日)まで とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

商品名 わせねでねワカメ(塩蔵わかめ)160g
原産地 宮城県南三陸町馬場中山産
価格 500円
内容量 160g入り
賞味期限 90日以内(冷凍保存で+約60日可能)
保存方法 10℃以下で保存してください(冷凍保存可能)
生産者 佐々木一郎

わせねでねワカメとは

 わせねでねワカメは、馬場の漁師である佐々木さんが生産したわかめをご自身でパッケージ化して販売されているものです。

 漁協で競売に出されるわかめの中でも、外洋の海で収穫され・芯抜きされた・一等級のわかめという意味の「外抜1」というものが最高ランクのわかめとされておりますが、わせねでねワカメはその外抜1の中でも質のいいわかめだけを佐々木さんが厳選して商品化しています。

「わせねでね」とは「忘れないでね」をこちらの方言で表現したもので、佐々木一郎さんの奥さんのミキエさんによって名づけられました。

わかめの品種

 馬場中山で収穫されるわかめの品種は主に2つのタイプに分かれます。

 1つは「早生わかめ」と呼ばれるもので、2月下旬から収穫できる成長の早いタイプ。

 もう1つが、成長が遅く地元では「遅種(おそだね)」と呼ばれる品種で、こちらは3月半ば以降に収穫されます。

 どちらかというと成長の遅いわかめの方が肉厚でおいしいという高い評価を受けており、わせねでねワカメはその品種だけを選んで商品化しています。

 そのため、わせねでねワカメの出荷は一般的なニュースでわかめの収穫が報道される時期より遅くなってしまいます。

わかめの戻し方

塩蔵わかめは戻すとビックリするくらい増えますので戻しすぎに要注意。

1、表面に付いている塩分を取り除くため軽くわかめを水洗いしてから、たっぷりの水に5〜10分ほど浸けます。あまり長い時間浸けておかないのがコツです。

2、葉が水の中でよく広がりましたら塩が抜けたサインです。よく水分を絞ってから調理してください。少しつまんで食べてみて「まだちょっと塩気があるかな?」ぐらいがちょうど食べごろです。

3、よく水分を絞ってから調理してください。戻したわかめは冷蔵庫に入れて戻してもふやけてしまうので、なるべくその日のうちに食べきりましょう。

塩蔵わかめの保管方法

わかめは光(紫外線)と風(乾燥)には特に弱く、温度変化も極力避けたいので冷蔵庫(冷凍庫も可)に保管してください。

販売価格 500円(税37円)

カテゴリーから探す

コンテンツ